「卒業式で京都に行った続きはよ!」と思っているでしょう、まあまあそんなに慌てないで。しかし昨日ブログサービスにアクセスできなかったのは一体なんだったのか。ブログサービスというか、ネットに繋がらない感じだった。パソコンもスマホも全然ダメで、うちにはwifi が二つあるけどどちらに繋いでも怪し気だけれどサクサク繋がるフリーwifiもダメだった。まあ昨日はこども食堂の日でなんか書くといっても数時間のことなので丁度いいといえばいいのだが、なんだったのかなあという疑念は残る。

でも今朝になったらいつも通りに繋がって、「豊洲こども食堂」のblogも書けた。しつこいけど昨日は全SNSダメでしたからね、その中で唯一繫がったのがTwitterだった。Twitterが災害緊急時に強いということで、BUDDYスポーツ幼児園では全父兄に推奨して自身もアカウントを立ち上げていたことを思うと、体育会系の組織は情弱とdisったことがあるけれど、もう色々あってそれは私のブログもあるだろうけれどちゃんと調べたりアドバイスしてくれる人なんかが登場したのだろうと思った。珈琲屋の推薦で一期だけ区議会議員やったあのパパもネット屋だもんね、ここの園長と仲良しみたいだからこの人だろうと思う。

先日ウォールになぜかこの人の書いたものが流れてきて、あーどっかでみたことあるから知り合いだわと友達申請したらあっという間に承認してくれて、でもやっぱりやめようと友達から外したりしてごめんなさいね。別にそのままでも良かったかなあ。そうだ、パークシティの自治会長の方のjunjunにも連絡しないといけないんだった。なんでこんなの引き受けちゃったんだろう、やっぱり誰かにお願いしよう、そうだ!あの人が適任。って、豊洲界隈もママ友ゼロといいつつ、色々と繋がりは出来て色々やりやすくなったのは、なんだかんだブログのおかげだろうと思ったりする。

昨日のこども食堂は今あちらの記事書くために人数カウントしたらボランティアさんは私含めて5名だった。若干少なめといっていい人数なのに、準備は2時間くらいで終わったし、片付けなんか1時間もかからなかった。その合間に「香山リカ講演会実行員会」キックオフを1時間弱出来たし、なんか「豊洲こども食堂」もう私いなくても出来るという感じに仕上がってきたと思う。豊洲にあと二つこども食堂をっていうのもやりたいと言って下さる方が出現し、香山リカさんの講演会も最初はどうなるかなあ、出来るかなあなんて実は思っていたけれど、「じゃあやりましょうよ」という組織の出現により私抜きでも大丈夫ってこれは私いないとマズイだろうけれど、ミーティングもビシバシと進み、「森生さん何かありますか」なんて言われても「えーと私は豊洲で香山リカさんに喋ってもらいたいだけなので後はなんでもいいです」なんて我ながら頼りないわあ。

でも一応私ここではボスな訳だけど、ボスがなんでもかんでもああしたいこれは絶対なんて言っていたら、周りはふんふんときいてくれるかもしれないけれど、「森生ゆり子がやりたいようにやった」「私は指示をきいただけ」なんて思い出になったらせっかくなのに悪いなあなんて思った。以前香山リカさんの講演会やった時がそうだったから反省もある。あの時も「絶対香山リカさんでないとダメ!」と教育委員会や一緒にやるメンバーを説き伏せるというより勝手に突っ走って香山リカさんの事務所にも何度も何度もメールしたりして、香山リカさんからオーケー頂いけたところで周りが「えっ!本当に来てくれるの??」って\(◎o◎)/した頃から色々周りだしたのだった。そこからもあれはこう、こっちはこうしたいと割と我を通したまま当日を迎えた。もう何かに憑りつかれていたようだと思った。

あのあたりからかなあ、一念岩をも通すを実感したのは。香山リカさん講演会大成功で終わった後、すぐに「いつかまた今度は豊洲に来てお話してもらう」と決めていたように思う。それは思うだけでもおこがましいというか、専業主婦のただの夢なんて考えていたので心も封印していたけれど、去年吉祥寺に香山リカさんの講演会聞きに行った時「今度は豊洲でお願いします」とサイン会でお話したのよ。それで「ああそうだ、私そういう夢があった」と思い出した。まだ終わっていないので書いていいか迷ったけど書いてみた。どうぞ豊洲の皆さま、ご協力をお願いいたします。お席300といことで席が足りるかと若干不安ですが、小さな子どもは御膝に、などと譲り合って楽しい会にしましょう。

あの香山リカさんが豊洲に来てくださるんだよ!有名人なんだよ!文化人だけど芸能人といっていい、間近でみられて挨拶も出来るし委員会の人は一緒に写真も撮れる、かも?笑!キャーすごいじゃない楽しみ!盛り上がるなあ、嬉しいな! 

太っ腹な「豊洲こども食堂」は「香山リカ講演会」もちろん入場無料です\(^o^)/

詳細全て決まったら来年度に入ってすぐくらいにあちらこちら色々なところで公開しますので楽しみにお待ちください。当然香山リカさんには既にお願いしてある。すっごく感激したのは香山リカさんやスタッフの方々一通のメールだけで快諾下さったのよ!もうすごく嬉しくて「やるわ!」と奮起できたしすごく勇気湧いた。多分私のブログも読んで下さっているんだと思う。

そうそう、以前豊洲小学校の成人教養委員の枠で香山リカさんの講演会やりましょうとPTAに投げたら、「森生ゆり子が何を言っても無視するように」とLINEで御達しがあり講演会叶わなかったことがあるけれど、小学生の親くらいになると「弱者を慮る」とか「みんなで助け合う」なんて気持ちは消え失せ、もう自分の立ち位置や子どもの出来なんかも確定されるからその中で如何に上手く立ち回るかというのが生活の大部分を占めるようになり、もしかして香山リカさんのお話は耳が痛い感じになるかもしれない。それに豊洲小学校で講演となると体育館にパイプいす並べてって感じじゃない?豊洲シビックセンター大ホールは綺麗で新しいし高邁な音楽家が演奏会やったりするようなちゃんとした舞台、なんだかんだ豊洲小学校の体育館で講演会じゃなくて良かったかもしれないなんて今は思う。

あっ、今思い出したけど今回ボランティア6名だった、書き直さないと。それから振り込みして下さった方がいらっしゃるんだけど、まだ通帳記帳できていないから未確認で記載できていない。これすっごい失礼、インターネットバンキングに申し込みすればいいのにこれも出来ていない。ブログ書く前にやりなさいよと、馬鹿かとアホかと。でもお金数えるの本当に苦手で、外資に勤めていた時はボスの秘書という人が色々私の分も書類書いてくれて、だから出されたのかなあってこの時もすごい事件がいっぱいあって、でも書くと死人が出るというかちょっと書けないかも。

でもさらっと書くと、派閥争いがあって私は片方を倒す重要なネタを持っていて、それを知った取締役が私に目を付け証言させたのよ。ここで私の人がいいというか世間知らずというか、この偉い人に一筆書いてもらって仕事のしやすい部署に異動させてもらえば良かったと今は思う。多分あの会社で一番激務な部署、私が尊敬していた先輩も私がいなくなってから全然関係ない部署に異動されたそうで、私は絶対逃げたなと思ったらその後改心したのかレドモンドに行った。うむ、そうそうそれでいいのよと私は思った。なんていうとどこの会社がわかっちゃうけどもういい。その後なんの落ち度もないのに私は口封じのためか契約を切られ、でもその取締役を呪っておいたら半年後に不祥事でクビになったと聞いてスッキリした。鳴り物入りで引き抜かれたとか聞いていたけれど、話してみたらただのおっさん、全然オーラもなかった。今頃どこでどうしているでしょうね知らんわ。

とまあ閑話休題らしくいらんこともまた書いてみたけれど、大学も無事に、本当に色々な意味で無事卒業できたし子ども達も春休みを迎えるし夫は新しい職場で喜んで働いているせいか大声で喚く頻度がぐっと減ったしこども食堂も順調だし香山リカさん豊洲に来てくれることになったし私は健康で美しい自由な専業主婦、昔あんなに自分はひとりぼっちとか悩んだりくよくよして自己否定の嵐で死にたくなったのは一体なんだったのかと思うようになれて本当に良かったと思う。

何よりひとりぼっちって最高だと気付けたのが嬉しい。昔、村上春樹や田中慎弥は友達いなくて寂しくないんだろうかとか、欲しいと思わないのかなんてお節介的に思ったけれど、自分がそうなってみて割とこういう状況って快適なんだとわかり、それに友達でも同士でも欲しいと思うと出来ないけれど、心で想いを灯していると、気が付いてくれる人が現れるものだと思った。

私のネガキャンに余念のないボスママたち、「打倒森生ゆり子」という炎を燃やしていて、そういう気持ちで繋がった人達、いつもいつも私の噂をしてああでもないこうでもないあそこでみたとかここにいたとか。結局私が気になって気になって仕方ないのかなあ私の噂をしたり嫌がらせするのはまあいいけど、子ども達が困ったことになったりするのは全部あんたたちのせいでしょう。いい加減にしないと「拝啓、魚住雅彦さま」っていう記事書いちゃうわよ。嫌だと思ったらもう私の話するなわかったか!あちこちで証拠掴んでるから言い逃れできないわよ。 化粧品で顔厚くぬりたくっても心が綺麗じゃないと何にもならないって証明ね、もうあなたも会社やめたら?

私が独身で会社員の時、結婚して子どもがいる女性社員というのは総じて全員優しくて気を使ってくれて、お母さんになると女性は母性が溢れて優しい人になるんだと思っていた。なので自分が子どもを産んでママ友デビューする時には何の不安もなかったし、こんな優しい人達のコミュニティに入れるなんて嬉しいと思っていた。いい人親切な人優しい人ばかりだろう、きっと素敵な友達がたくさん出来て子ども達もそういう世界ですくすく育つだろう、特に豊洲が新婚世帯が多く子どもがどんどん生まれる街で、ママ友100人出来るかなみたいな。そのせいか子どもが幼児園に入るまでの公園時代は何もってその時も色々あるにはあったけどそんなに悩むことってなかったような。いや違う、あったなあ。

でもやっぱり一番辛かったのは幼稚園バスで絵に描いたようなボスママがはびこっていた時代、その人に嫌われだしあれよあれよという間にあちらこちらで面白いようにはじかれるようになった。何度も同じことを書いて恐縮なんですが、会社でやると人事考課に響くから会社の外でやったという事なんでしょう。働くお母さんって、子どもが急に熱を出すとか幼稚園学校の用事があったりで会社を休まないといけなくなったりするじゃない、そういう時に快くお休みさせてもらうために、「お互いさま」と言って貰わないといけないので社内や同じ部署の人には優しく親切にしないといけなかったのだろうと今ならわかる。お母さんが働くって本当に大変だと思う。
   
それでも今もし上野娘ちゃんの幼稚園を選ぶ時代に戻れたら、働いて保育園に入れたいと思う。息子が半年だけ保育園に通えたので特にそう思うのだろう。まあ言っても仕方ないけれども。

img_b50648756d57e2ff561ad9ce69928f9f22441

じゃーん!いい写真があったので貼ってみた。この方社長になったばっかりの頃はダサいおじさんだったのに今みたらすごいセンスいいイケメンになってる!私のブログ読んで色々反省したのかなあ。今なら佐山さんにも負けてないわよ♡

ということで今日はこれからランチミーティングに行った後に、豊洲で今一番新しく注目のマンション、パークホームズ豊洲ザレジデンスに行く。またいっぱい写真撮って記事に書くから楽しみにしててね!