どちらに書こうか迷ったのですが、個人的な内容も含まれるためこちらで書くことにします。

本日、香山リカ講演会、開催中止のご案内のために豊洲シビックセンター大ホールで、本来なら開場時刻となる10時より、終演時間まで会場で待機させていただきました。江東区社会福祉協議会の方も大勢いらして、1F、3F、5F受付と、来場が予想される入口でご案内いただきました。事前予約の方には、全員個別にご連絡いたしました。
ネットや新聞などでかなりニュースになりましたので、中止のお知らせが行き届いていたのでしょう。数人の方がいらしただけでほっとしました。しかも励ましにいらして下さったり、遠路はるばる会いに来てくださった方も。わざわざお越し下さいまして、ありがとうございました。お会いできて嬉しいと言って下さり、恐縮の極みでした。

イベント開催は叶いませんでしたが、それ以上に大きな暖かいものが得られたように思います。何よりご支援ご協力下さった関係者の皆さまが、一様にとても残念がって下さいました。お詫びと共に、御礼申し上げます。

また、この記事を最後に、再びこちらのブログ、TwitterなどのSNSは停止させていただきます。また何かの広告宣伝、周知などで必要な場合のみ書きたいと考えます。ですが、しばらくはその必要はなさそうです。

今、振り返って思うのは、今回私がSNSで発信したために起こった事態だとも考えています。チラシもカラフルに目立ちそうに綺麗にできました。著名な方が、あちらこちらでtweet、retweetして下さり、宣伝のために広告媒体にも記事を書かせていただきました。これらは本当に集客に役立ち、このあたりからわっと、予約件数が多くなってきました。しかしながら目にして欲しくない方々にも同時に発信してしまうこととなり、今回のような結果となったように思います。
しかしながら、今後、こういった手法やノウハウを自制する気持ちはありません。逆にSNSは素晴らしいツールだと再認識しました。全く未知の存在に、こんな風に個人的な想いが届くものは他にないのではないでしょうか。

大学卒業を機にSNSを停止したのは、やはり組織に属したという理由もありました。私個人のことならいくらでも発信してかまいませんし、誰に咎められるものでもありません。ですが企業や組織で知りえたことは、守秘する義務があります。そんなの当然と思われるかもしれませんが、そうした事故は後を絶ちません。それを防止するには黙秘が一番いいと考えました。

ですので、本日をもって私個人のSNSは再び停止させていただきます。この春3月31日で終了としました「キャナリーゼゆり子の豊洲日記」シリーズ、いまだにたくさんの方がアクセスして下さいます(カウンター非表示、ブログランキングには登録していません)

いつも読んで下さりありがとうございます。コメントなどもたくさん頂いておりますが、返信せずにこのままご意見として頂戴いたします。

講演を快く引き受けて下さいました香山リカ先生はじめ、ご支援下さいました皆さま、お申込み頂いた方々、本当にありがとうございました。

豊洲こども食堂は、引き続き開催させていただきます。今後も変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

52

26