たんす屋というリサイクル呉服屋を私が知ったのは、着付けを習っていた頃にあちらこちらの着物ブロガーの記事を渡り歩いていたころ、ここでよく着物を買うという方がみえて興味を持った。帯と着物をセットで5万円だの、お下がりの着物にあう帯をみつけただの、古着だということを気にせず自由に楽しんでいた。そしてそれらはコーディネートもいいのでとても素敵にみえた。私は早速真似して家から一番近い銀座の「たんす屋」に出掛けてみた。確かに古い着物がたくさんある。だがいいものは高く、安いものはそれなりだった。日比谷にもあるということでそちらにも出かけてみたが、同じような感じ。地元にいた時は特に拘りもなく様々な着物を誂えたが、東京にきてからは節約の芽が育ち過ぎたのか、欲しい!とか、買いたい!という気持ちがなくなったのか、買ったことはなかった。

でも先日着物を処分しようと思った時は、迷わず「たんす屋」に声をかけた。ネットでみると「一番査定がいい」と書いてあった。私は期待と共に、送られてきた大きな段ボールいっぱいに、着物、帯、帯留め帯揚げその他小物を詰めた。本当に処分に困っているものから迷いつつ入れたもので箱はパンパンになった。査定を待ち、金額を聞くと千円だった。「たんす屋」商品券だと二千円だそうだが、たんす屋では買わないだろうと現金を振り込んでもらった。千円とはすごい世界だなと思った。でも桐のすのこを敷いた着物を入れる押し入れのスペースがすっきりして、よかったと思った。

そして先日ブログを書いているとまた手に何か降りてきて、「卒業式は着物で行きたい」などと勝手に書いてくれた。大学の本校舎は京都にある。京都といえば着物、やたらなものを着てはいけないと思った。でも確かにこれを卒業式で着たいなと思わなかったでもない。それは小紋だが、「学生」ということなら許されるのではないか。「和の文化コース」だったら訪問着に袋帯必須かもしれないが、私は文芸コースだ。小紋だろうが紬だろうか、似合っていればいいのではないか。そして記事には「それに合う帯は新調せねば」と書いてある。

そんなところに「たんす屋創業祭」のバナーがブログの記事にちらちら現れるようになった。パソコンでは「たんす屋」と検索したことはあるが、スマホではなかった筈。LIVEdoorブログの仕業だとしたら、本当に広告収入はかなりのものじゃないだろうかと思った。そして今日が初日なのを思い出し、着物を持って出かけた。着物を持っていかないと何が合うのかわからない。到着したのはオープン前の9:56。番号札を渡され、73番だった。名前と住所を書いて千円の割引券を貰った。

長い列の椅子に座らされ、次々と着物を着た担当が付いて中に入る。私は「銀座店にいったことがある」ということで銀座の方がついた。でも適当にみるからとその方とすぐ別れ、勝手気ままに中を探検した。入口からすぐは高級品、桐の箱やらディスプレイもきちっとされ、いかにも「呉服屋」という感じ。奥にいけば行くほど雑多なものが増えて行く。「銀座店の方あ~」「門前仲町の担当の方あ~」などと声が何度もあがり、なるほどこうやって担当がついて色々世話を焼買わせるというのは普通の呉服屋と同じなのだろう。それが新品か中古かというだけなのだ。

店員を断ったがやはり誰かに面倒をみてもらいたい。あれこれ迷って座敷の鏡の前で合わせていると、すばしこそうな店員が声をかけてくれて、その人と一緒にみて回ることになった。何を探しているかと聞かれたので、この着物に合う帯を探しているというと、どこに着て行くのかと聞く。卒業式で着たいというと、それならこれはダメ、これは小紋で卒業式は訪問着、しかももっと地味なやつ。などと言われた。確かにそうだが、子どものじゃない、自分の卒業式だというと、店員はじろじろ私をみだした。隣にいた店員も聞き耳をたてたのか、チラチラみる。

えーと、通信大学生で京都の大学の卒業式にでたいというと、納得されたようでほっとした顔をしていた。そしてまた、京都ならやはりちゃんとした訪問着で、などという。確かにそうだが私はこれが着たいのよと訴え、一緒に帯を探しだす。これは?私は白地っぽいのが欲しいんです。これは?これは金、私は白地っぽいのが欲しいんです。これは?これはシルバー私は白地っぽいのが欲しいんです。銀は白よ?いいえ違います私的には。と、コントのような会話を続けること約30分。その方の本当の客さんが来店したようで、私は再びひとりになった。

もうなんていうか、着物ワールドは楽しい。しかもこんな風に見放題、さわり放題。普通の呉服店にいくと、しずしずとした店員がぺったり貼りつき、そっと着物や帯を持ってくる。「出したんだから買ってくれますよね」というようなモノ言う目が光り、迂闊に「見せて」とは言いにくい。それがこんな。すっごく楽しくて、気が付いたらそこから1時間経過し、手には帯三本と着物一竿、小物なども買い物の用の透明で大きなバッグに入っていた。私、何をしにきたんだっけと我にかえり、着物に合う帯はなかったと結論付けて何も買わずに帰ってきた。

貰った千円のクーポンで足袋でも買おうかと思ったが、レジが長蛇の列になっていて、諦めて帰ってきた。レジに並んでまで欲しいものは無かったのだ。それにせっかく処分した着物の山、またあそこに仕舞うものが増え、いつ着よう、どうやって着よう、虫がつくといけないからそろそろ虫干しを、などと色々考えるのはやめようと思った。なのにまたこんな風に煩悩が出てあれこれ欲しくなる。林真理子が「着物の世界は底なし」と言っていたが、本当にそうだと思った。

もう今あるもので必要な時はなんとかすればよい。卒業式の帯は、慌てなくてもいいものがそのうち見つかるだろう。なければお気に入りの礼装っぽいワンピースがある。どちらかというと、私はもう洋服の方が好きなのだと思う。「骨折り損のくたびれ儲け」という言葉がぴったりの半日だった。でもたくさん着物や帯がみられて満足。またあればいってみよう。もうあまり着たいと思わないが、みるのはやはり好きなのだ。色々素敵なものがあったが、「買えばよかった」と思うものはひとつも無かった。疲れた、でも楽しかった。おしまい


※こんな帯を発見。(プルースト)スワン家の帯と勝手に命名。

【今日の小確幸】

初めてリサイクル着物の催事に行けた。大騒動で楽しかった。 

※すっごい沢山あった

※タモリと会う時用に買うべきだった!